シミダイの話

普段の生活で感じたことやってみたことなどを書いていきたいと思います。ジャンルはバラバラです。

困った上司

 こんにちわ、今日は職場にいる困った上司について書きたいと思います。

 

 その上司は他の部署からの移動でやってきました。今までやってきた仕事とは違う仕事内容、環境ということでやはり始めは苦労しているようでした。私もその仕事については先輩ということで、早く慣れてもらうためにも色々とアドバイスをさせてもらいました。自分も今一度細かい所まで、復習ができるためいい機会でした。

 

 そしてあっという間に2年がたとうとしています。もう仕事にも慣れ、私の部署のリーダーとして指揮をとっています。

 

 困っています

 

 結論からいうと、周りからの信頼がない、考えのずれたリーダーになってしまったんです。なぜそうなってしまったか、順を追って話したいと思います。

 

 移動したての頃は慣れていない事もあり、私の部署の仕事が遅くなっても、上司の上司(以後仮に 部長 と表記)も注意はすれど、温かい目で見てくれていました。私や先輩も自分たちがカバーしていこうと、やる気に満ちていました。

 そして上司も仕事に慣れてきた頃、始めは気づかなかったあることが気になるようになってきました。それは、上司の容量が悪いということです。仕事の優先順位がわかっていないため、指示が的確ではなく、遅れが生じ、結果終わる時間に響いてきます。

 仕事の視野が狭いために、目先のことをとにかく終わらせようとしてしまい、全体が把握できていない状態で指示を出します。その時に教えてあげなかったのかと思った方、、、ちゃんと教えてあげてました。優しく丁寧に、こうこうこうなので、こうした方いいのではないですか?と理由も詳しく説明して。

 若いやつに言われるのは不愉快かと気を使い、他の上司の方からもアドバイスしていただけるように頼んだこともあります。

 

 なかなか改善されず終わるのが遅い日々、、、部長も怒り始めます。その怒りは部下である私たちにも降りかかります。チームなのだから上司一人の責任にはできないと、私も先輩達も何とかしようと努力し続けました。早く効率よく仕事をこなすにはどうしたらいいか、思考し続けました。時には上司に生意気だと感じさせるようなことを言ったこともありました。それで変わるのならいいと思いました。しかし、最終的に指示を出す上司に成長はなく、部長に怒られ溜息をついてばかり。

 

 そして、ついにある言葉を口にしました、、、

 

 「また部長に怒られるから早くやれよ」

 

 これを聞いた瞬間、「ああ、この人はもうだめだ」と思いました。怒られるからやるのか、と。私の中でこれを口にする人はもう信用はできません。やらされている状態の人に成長はないからです。それに、怒られるのが嫌で人のせいにすることが増えます。つまり、周りからも信頼を失い助けてもらうこともできなくなります。

 

 上司には期待しないことにしました。

 

 でも周りにあの部署は遅いと一括りにされるのは嫌だ、ということで私も先輩達も努力を続けました。その甲斐もあり今では私や先輩達は 「あの上司の下でよくやっている」 と部長や他の上司達に能力を認めてもらえるまでになりました。

 

 みなさんも困った上司にはくれぐれも気を付けて(笑)

 

 

色々なタイプの人がいる話 3

  今回は最も嫌がられるであろうタイプ、口が軽い人です。

  もしこんな人が近くにいたら、話をしづらいし、内容にも気を遣わなくてはいけなくなるのでとても疲れます。いつどこで自分の大事な話を他の人に話されているか、気が気ではありません。

 

    新しい職場や学校などで新しく出会う人たちに関してはまだ、どういう人なのか把握できないていないため、まずはそこの見極めから始めなくてはいけません。しかし、初めて絡む人達、そのことばかり気にして言葉を選びすぎて会話に身が入っていないと、「楽しくないのかな」「話したくないのかな」と印象が悪くなってしまうかもしれません。

 

  ではどうすればいいか、もう皆さん普通にやっていることだと思いますが、相手がどのような人かわかるまで自分にとって大事な話はしないことです。自分にとって大事な話をするということは、相手への信頼の証でもあると思います。相手が口の堅い人で、きちんとその会話が話した人にとってどのくらい重要な話なのか理解できる人なら良いですが、それができない人もいます。そういう人にうっかり話してしまうと、あっという間に広まってしまいます。

 相手になぜ話したのか問い詰めても「誰にも話さないでと言われてないし」と言われてしまえばそこまでです。そこで「そんなの言わなくてわっかてよ!」などと怒ってしまったら、今度は何を周りに話されるか分かったものではありません。話してしまった自分を反省するしかありません。

 

 なぜ、そういう人達は誰にでも話してしまうのか、私が観察してきてわかったパターンがあります。

 

 一つ目はただ単におしゃべりな人です。普段から沈黙が嫌でずっと話をしてる人は、話のネタが無くなってしまったとき、沈黙を嫌うあまり当人がいないのをいいことに話のネタとして話してしまうことがあります。なぜなら、人の秘密というのは聞き手を惹きつけ盛り上がる可能性が高いからです。それがわかっているので、困ってしまった時のカードとして使ってしまいます。その場が盛り上がればいいので、当人のその後のことなどたいして考えていません。周りから知られたくなかった事について根掘り葉掘り聞かれる場合もあり、とても不愉快な思いをします。

 このパターンは時期で言うと、新しい環境にも慣れ始め少し気が緩んだ頃に多いような気がします。

 

 二つ目は酒の席で酔って話してしまうパターンです。これは結構やっかいかもしれません。普段は口が軽くない人も、アルコールが入ったらどうなるかなんてわからりません。そしてこちらもそんなことまで考えて相手に話をしていないので、人にはあまり知られたくない話もしてしまっているかもしれません。

 話を漏らしてしまった本人も覚えていないことが多く、怒ることもしづらくなんとも後味が悪いです。

 

 以上の事から私は口が軽くないか見極めるためにしていることがあります。まず試しにそこそこ自分にとって大事なことで、万が一他に知られても大丈夫な話をしてみます。例えば身内の話などです。内容のチョイスは中々難しですが、だいたいこれで相手を判断します。

 あとは、少し慣れた頃に早めに飲みにいくことです。でも飲みに行くと言っても、大人数で行くのではなく、3~4人がベストだと思います。人数が少ない方が、口の軽い人は尻尾を出しやすい気がします。(笑)

 

 今回はこんな感じで。

 

 

 

 

 

  

   

  

 

色々なタイプの人がいる話 2

   今回紹介するタイプは大袈裟なや~つです。

 

 

 タイプ2 大袈裟なや~つ(職場)

 

 

 さて、今回紹介するタイプも職場、学校など至る所で見ることができます。私は職場で遭遇しました。このタイプは話をすれば見分ける事ができます。話を聞いていると「ん?今のは何だか言いすぎじゃないか?」「本当か?」と感じる事があるからです。疑い深くないかと思うかもしれませんが、情報を集めてみると大体この直感はあたっています。(笑)

 

 このタイプの人は人の話も大袈裟に話しますが、自分のことも大袈裟に話すので、普段からその人を観察していると、大袈裟に話しているかそうでないかすぐわかります。

 

 仕事に関して言えば、その人の力量がわかっていれば、こなせるであろう仕事の範囲が想像できるので、大袈裟に話しているかどうかすぐわかります。

  自分の知らない事に関してはなかなか見分けることは難しいですが、後々自分も同じ仕事をした時に「あ~あれは大袈裟に話してたのか」とわかることもあります。

 

 しかし、見分ける事が出来てもその相手がまた先輩など年上の人であった場合、とても面倒くさくなります。なぜなら、注意しにくいからです。同僚の場合なら何の問題もなく注意できますが、年上のしかも先輩だった場合、機嫌を損ねる可能性があり、相手の性格によってはその後の関係にも影響するかもしれないからです。

 

 私の遭遇した人は先輩でしたが、そこまでややこしい性格ではなかったので、「も~勘弁してくださいよ~そんな大事じゃなかったじゃないですか(笑)」とその場で反応することができたので、大袈裟に話をされたとしても周りに変な誤解をされることありませんでした。

 

 自分の居ないところで話をされている場合もありますが、最終的には自分のところにも話が回って来ることが多いので、その時にちゃんと説明をして誤解を解くようにしましょう。何人に話が伝わってしまっているかわからないのが辛いところですが、根気よく一人一人話を訂正していきましょう。

 

 対策としては、小まめに話を訂正していくしかないですね。(笑)この手のタイプは自分では意識せずについつい話を盛ってしまう人もいるので厄介ですけど。

 でも、大抵このタイプの人はすでに周りからそういう人だと認識されている場合が多いので、他の人に相談してみてもいいかもしれません。

 

 「あの人、話を大袈裟に話すことありますよね?」と聞いて「そうだよな」と返事がくるパターンが続くかもしれませんよ?

 

 私はまさにこの会話のパターンが続きました。(笑)

 

 今回は、大袈裟なや~つでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々なタイプの人がいる話

   今回は生活していく中で必ず関わる、「人」について話したいと思います。仕事場、学校など色々な所で関わる「人」には、色々なタイプがあります。その中で私が関わったことのあるタイプについて紹介したいと思います。

 

   最初に言っておきますが、完全に個人的な意見です。愚痴っぽくなってしまっていたらすみません。(笑)

 

  タイプ1   慌てん坊(職場)

 

  このタイプはどこにでもいると思います。見分け方はいたって簡単、見てればわかります。(笑)話し方でもわかります。話したいことに対して言葉より気持ちが先に先にでてしまい、言葉を噛みがちになります。

 

  慌てん坊の特徴としては、常に気持ちに焦りがあり、自分のことで精一杯で心にも頭にも余裕がありません。

   視野も狭まり、周りの動きが把握できていないために危ない行動に出たりする事があります。他にも、自分が焦って余裕がないため、他の人に仕事を手伝ってもらおうとするのですが、周りが見えていないために指示が適切ではなかったり、言い方が荒くなり、説明不足だったりします。指示どおりに動いたことで他の先輩に怒られるという、とばっちりもあります。またよく空回りもします。

 

 とにかく余裕がありません。

 

   後輩からしたらたまったものではありません!適切ではない指示に振り回され、言い方が荒いために不快な思いをさせられ、説明不足のせいで何回も聞き直さなければなりません。聞き直すために作業を止めなくてはならないので、時間の無駄が生じます。さらに聞き直すと、不愉快な顔をされるためこちらのイライラも募り、場の雰囲気も悪くなります。

 

 ちなみに私の職場にいる慌てん坊はこれに加え、めんどくさがりの性質も持っているのでもうたまりません!!焦って勝手に余裕を無くしたあげく、どうでもいい、自分ですぐにやれるような、今わざわざ手を止めてまで私がやらなくてもいい仕事を頼んできます。

 そしてそれに対して「今私が作業を止めてまでやらなくてはいけないのか?」という旨のことを伝えると、「はぁ~」と眉を寄せ首を傾げます。

 

 「はあああああ!!?何でおれがそんな態度とられないかんのだ!!!」と心の中で叫びました。相手と違い私は大人です。声を荒げたりはしません。

 後輩だから、先輩に対して声を荒げないと言うわけではありません。あまりに理不尽で我慢の限界の時は関係ありません。関係なく声を荒げたこともあります。もちろん大人らしく。(笑)

 でもそれは私自身、その相手よりも仕事ができるという自負があり、周りからもそれが認められている状態だから言えたことで、まだまだ実績がないうちにやってしまうとただの生意気なやつだと思われてしまうので注意してください。

 

 

 いつの間にか愚痴っぽくなってしまいましたが(笑)、これが私の知っている慌てん坊の生態です。

 

 

 対応としては、相手に影響されず自分自身は落ち着いて広く、先まで物事を判断できるようになりましょう。そして相手をよく観察しましょう。そうすれば相手の次にしそうな行動、どうしてあげれば焦らずに仕事をさせられるかが分かるようになってきます。

 

 説明がわからない時も嫌な顔をされようと、わかるまで根気よく聞いてください。不愉快だからとあいまいな状態で動いてしまえば、あなたのミスになり、あなたが損をしてしまいます。それだけは起こらないようにしてください。

 

 とは言っても我慢の限界が来る時があると思います。声を荒げずに話し合いができるのなら、自分の考えを伝えてみるのもありです。ですがそれが難しいようなら、信頼できる先輩、同僚に相談してみると精神的に楽になると思います。

 何と言っても最終的には自分がいかに「メンタル強く保てるか」なんですから。私は先輩によく見ていてくれる人がいたので助かりました。まぁ私はもともと神経が図太いのですが(笑)。

 

 今回のタイプは慌てん坊でした。

 

 

ハァ〜…湿気マルケ

   こんにちは…シミダイです…。雨降りの日が続き、湿気が高まっている今日この頃…。

 

 

   なぜ、こんなにテンションが下がっているかと申しますと…。私、シミダイ…前髪にだけ強力なクセ毛が現れるという機能がありまて…。前髪以外はほぼストレート!余計目立つわけです。

 

   毎年この時期、湿気が高まるとほぼ毎日…!前髪がグネグネしている状態になります。どんだけまっすぐにセットしてもグネグネ...気になって仕方が在りません。

 

   全体的にクセが出る人は、なんかお洒落なパーマあてたみないな?いい感じの雰囲気っていうか?シャレ毛(お洒落なくせ毛の意)なのに!どうして自分は前髪だけなんだと…!!いったい何がこのグネグネの根本的な原因なのか調べてみました。

 

 まずは原因、それは  髪が必要以上に湿気を吸収しまうから  らしいです。

健康な髪の場合、水分が髪の毛全体にいきわたっており、湿気をそんなに吸収しません。しかし、髪が傷んでいる場合、キューティクルが剥がれているため水分が髪全体にいきわたっておらず、必要以上に湿気を吸収してしまうらしいです。そのため髪がうねりやすく、くせ毛になりやすいとのことでした。

 

 ではどうしたらいいのか!その答えは  キューティクルを引き締める  ということでした。キューティクルを引き締めることで、必要以上に湿気を吸収しなくなるのでくせ毛になりにくくなります。

 キューティクルを引き締める方法に  ドライヤーの手順に関するものがあったので見てみました。

 

 ・温風で80%くらいまで髪を乾かす。

このとき、風が一か所に当たり続けないように、髪を左右に散らしながら乾かすのポイントです。

 ・最後に冷風を当てて、キューティクルを引き締める。

でした。

 

 以上が私が調べた結果です。とにかくいま書いたことを続けて、くせ毛と戦いたいと思います。どうなったかは、また後日、書ければなと思います。

メンズ除毛クリームを使ってみた話

    こんにちは、今回は私が使ってみた除毛クリームについて話させてもらいます!

 

   今では珍しくない男性の除毛、脱毛!外見に気を遣い、行う方も増えているのではないでしょうか。何を隠そう私もその1人!

   

   あれ?なんかここ2、3年で毛深くなってきたのではないか?もともと薄かったはずなのに!  

   気になりだしたら半ズボンで外出する事も少なくなり、服装のバリエーションも減っていた…

 

   男なんだし関係ないじゃん!気にしない!と何も問題ない方もいらっしゃると思います。ですが残念ながら私は一度気になるとダメなタイプ、気になってしょうがない。

 

   そこで思い切って除毛を決意!そうと決まればさっそくネットを捜索、そこで私の目に留まったのは、NULL除毛クリーム !見てみると、楽天/Amazon/Yahooショッピング/各部門でランキング1位を獲得とのこと。これは期待出来る!!

 さらに目を引いたのは、カミソリに負けてしまうようなデリケート肌の人にもおすすめであるということだ。電動のシェーバーで髭を剃ってもヒリヒリしてしまうほど敏感肌な私にはこれほど強力な文言はない!しかもアロエエキス2(なんかすごそう)配合で使用後のお肌に優しいうるおいを、角質を保湿してツルツルしっとりな肌に仕上がるという...私の心は完全にノックアウトだ。

 

 すべての情報は書ききれないのでまたあとで実際に見て、自分の目で確かめていただきたい。

 

 さて実際に両足のすね毛に使ってみた感想ですが、想像通りの効果!さすがランキング1位!!と思わされました。うたっているだけあって肌に痛みなど全く感じず、ヒリヒリさえしませんでした。

 しかし、実は私一回では除毛しきれませんでした。でもこれは完全に私のミスで、勿体ない精神が出てしまい余ったら足だけではなく腕にも使おうと、少し薄く塗ってしまいました。その結果、除毛しきれず残りもう一度クリームを塗り直す始末。説明にも書いてあった通り、しっかりと厚く塗るべきでした。

 しかしここで気づいたのですが、短時間のうちに2回続けて使用したにも関わらず肌には全く異常ありませんでした。これには驚きました!個人差はあるかもしれませんが、これは自信をもって敏感肌の方にもおすすめできます。

 

 さあ!毛の無くなった私の足、いざ触ってみると...!自分で言うのもなんですがもの凄いスベスベ感!!  え?これが自分の足!?  と思うくらいの手触りでした。写真を撮って載せたいくらいですが、それはやめておきます。(笑)ですがもうこれで今年の夏は大丈夫!!と思うくらいの仕上がりでした。そのあまりの効果にテンションが上がり、実際にそのあとすぐに半ズボンで外出しました。(笑)

 

   今回は足に使用しましたが、腕、お腹などに使っても同様の効果が期待できそうです。くれぐれも薄めには塗らないようにしてくださいね。

 

 最後に、これはあくまで除毛であって脱毛のようにもう毛が生えてこないわけではありませんので、その後のケアもしっかり行って、このスベスベ肌をキープしていきたいと思います。

     興味がわいた方はぜひこの感動を分かち合いましょう!

 

 

 

  

 

はじめまして

今回、人生初のブログ開設をしました shimidai と申します。書いた通り、人生初のブログということで文章の内容やら、構成やらメチャクチャで読みにくいことも多々あると思いますが、そこはグッとこらえて読んでもらると助かります。(ただ単に自分の文章力がないだけ(笑))なぜブログをはじめようと思ったかなどはまた話す機会があれば聞いてやってください。

 

さて!今の時代たくさんあるブログの中の一つ、読んでもらえることがないかもしれませんが!内容としましては今のところ、自分の体験談気になって調べた事などで役に立ちそうな事、物の話を書いていけたらいいな~と思います。

実は私、体のトラブルがなかなか多く(花粉症やら腰痛などなど)、色々聞いたり、調べたりしていることがあるのでその辺りもうまく伝えることができればと思っています。

 

さあ!すでにこの時点であと何を言えばいいのか、文章が浮かばない力のなさを悔やみながら初投稿を終わらせていただきたいと思います。また興味があれば覗いてみてください。